EMVCo

金融ペイメントシステム適合性評価仕様

EMVCoとは?

 

IEuropay、MasterCard、Visaの頭文字をとってEMVと言っております。企業の名前の通り、クレジットカードやクレジットカードの決済に関する規格を定義しております。そして、EMVチップとPINカードの支払い、カード読み取り機とソフトウェアの機能性が含まれます。

  • EMVレベル1:チップカード読み取り機の物理的、電気機械的な部分を規格しております。

  • EMVレベル2:ソフトウェアの機能性を中心とした規格です。EMVCoはEMVレベル2の認定を受けるためにクリアしなければならない700以上もの テストケースを設けています。チップと PINの端末機は、この要件を満たしている必要があります。

 

EMVCoコンフォーマンステスト

 

EMVCoのデバイスは、コンフォーマンステストおよび認証がある規格です。この規格の認証テストのパスは、商品的な価値のほうが大きいです。エンドユーザ様にデバイスを提供する際、認証をパスをしていることは付加価値があります。

 

この規格と同様、13.56MHzのRF通信におけるISO 14443のプロトコルを実装をした規格は、パスポート(ICAO、EAC(EU)、クレジットカードのような金融システム(EMV, Paypass)、次世代の統合NFC規格NFCFORUMがあります。

 

 

EMVCoと比較したい規格

 

 

この規格と同様、13.56MHzのRF通信におけるISO 14443 TyepA とTypeBのプロトコルを実装をした規格は、ISO10373-6, ICAO, NFCFORUM、次世代の統合NFC規格NFCFORUMがあります。

 

 

EMVCoのテスト環境を用意したい

まずは、EMVCoのテストをどこまで行うかです。コンフォーマンステスト(認証までのテスト)を行う、部分的な検証テスト、故障やメンテナンスのための保守テストなど。まずは、弊社にご相談ください。

 

EMVCoに準拠した製品の開発をサポートしてほしい

弊社では一番得意な分野です。カードやリーダのハードウエアに関する部分(回路設計、ドライバ設計)から、NFCの技術を利用した製品開発を得意としております。

 

EMVCoでのテスト実施

お客様がデバイスが、EMVCo準拠のテスト検証を行っていることを想定します。その場合、テスト検証のためのテスト環境から試験ハウスまで、ご提案することが可能です。